img_02
TOP > 夜行バスツアーと座席

夜行バスツアーと座席

夜行バスツアーではどんな座席に座るのかが非常に重要なポイントです。昼行バスツアーでもそうでしょうが、夜行バスツアーの場合はそこで一夜を過ごすわけですから、どれだけ快適かが翌朝からの活動に大きく影響します。かつては3列シートバスが人気でした。もちろん今でもそうです。
4列シートバスに比べ、隣の人を気にする必要が少ない、気にならないというのは大きなメリットです。
座席そのものも4列シートに比べると立派なつくりで、もちろん座席幅も広いですしリクライニングも大きく倒せ、足置きもあって一晩を過ごすにはまずまず文句はないということが人気の秘密だったのでしょう。ところが、この3列シートが普及してくると、これでもいくつかの気になる点が浮かび上がってくることになります。

確かに隣の人と体が触れるようなことはありませんが、視線が合ってしまうとか、気配が気になってしまうようなことは十分あります。また、中央席の人や、通路から遠い方の窓側に座っている人は、トイレ休憩などのときにはどうしても隣の人が気になることになってしまいます。

小豆島のフェリーについて詳しく書かれています。

この問題を解消すべく生み出されたのが、究極ともいえる2列シートバスです。

沖縄の旅行パックに関する情報をすばやく探せます。

通路を挟んで左右1席ずつで、しかもほぼ個室のようになっていますからプライベート感は格別で、トイレ休憩などのときも含めて他の人が気になるようなことは皆無です。

長野のラフティングについてお答えします。

もちろんその分値段も張るのですが、それでも新幹線よりは安く設定されていることが多いです。