• 通夜や告別式を行わない葬儀形式、火葬式

    葬儀の一形式に、火葬式と呼ばれるものがあります。



    これはお通夜や告別式などを行わず、火葬のみを行うというものです。近親者のみで火葬場に出向き、そこで最期のお別れをします。
    通夜式も告別式もないため時間も費用もかからず、負担の少ない葬儀形式となります。


    まだ一般的とまでは言えませんが、火葬式を行う割合は少しずつ増えています。


    火葬式を行う場合、流れは次のようになります。まず、ご遺体を安置場所まで搬送し、葬儀社を決めて連絡します。

    毎日新聞にまつわる情報をまとめています。

    担当者と打ち合わせを行い、火葬式の日程を決めます。ご遺体は納棺し、霊柩車で火葬場に運び、火葬炉の前でお別れの式を行います。

    この時、僧侶にお願いして読経してもらうケースもありますし、頼まないケースもあります。
    火葬を行い、お骨を骨壺におさめます。

    お骨は四十九日まで自宅で安置します。
    火葬式を行うメリットとして、一般的な葬儀や家族のみで行う家族葬と比べ、費用が安くなるということが挙げられます祭壇や斎場使用料、会葬者への飲食費などが必要ないためです。

    また、参列者がいないため対応する必要がなく、お料理や返礼品の手配などの必要もありません。
    デメリットとしては、故人の友人などが最期のお別れ、お見送りができない点です。


    人によっては不満に思う可能性があります。



    なお、ふだん菩提寺との付き合いがある場合は、住職に事前に相談して了解を得ておくほうがいいでしょう。
    了承を得ないまま行うと、菩提寺への納骨を断られる可能性があります。