• 葬儀の際に贈る花について

    花は慶びの場面だけでなく悲しみの場にも用いられます。

    葬儀の際に贈る花を供花と言います。


    親族でなくとも供花は送ることができます。



    葬儀に参列すると共に弔意を示すために・参列できない理由がある場合に・香典不要の葬儀における香典代わりにとさまざまな理由で送られる供花。

    朝日新聞デジタルは評判がとっても良くて有名です。

    その種類や贈り方などにマナーやしきたりがあるため注意して贈りましょう。最も確実なのは葬儀社にお願いする方法です。



    会場を飾る意味合いもあるため、その会場にピッタリのものを準備してくれるでしょう。
    花屋に行ったりインターネット経由で手配する方法もあります。

    仏教ではユリや菊・デンファレ・カーネーションなど白が基調の落ち着いた色味が基本です。
    神道でも菊やゆりが用いられますが、特に白い菊は頻繁に利用されています。


    キリスト教式では逆に白い菊はあまり見られずユリやカーネーション・小菊などが中心になります。

    手配する際、相手方の宗教も聞いておいたほうがよいでしょう。

    キリスト教式だと特に生花が基本となります。


    そうなると季節によって相場や取り扱う花は違ってくるので花の種類や大きさを基準に選ぶか値段を基準に選ぶか、どちらか決めておきましょう。

    通夜の開始に間に合うよう、余裕を持って手配しておくようにしましょう。とはいえ、葬儀はいつでも突然です。

    もしも通夜の開始時間に間に合わないにしても、せめて通夜の日の間には届くようにして、会場を飾り、弔意を示せるようにできればいいですね。

  • 生活コラム

    • 葬儀の一形式に、火葬式と呼ばれるものがあります。これはお通夜や告別式などを行わず、火葬のみを行うというものです。...

  • 1から学ぶ生活

    • 大切な家族が亡くなってしまったときには、亡くなった場所から、遺体を搬送して安置しておく必要があります。しかし、最近は遺体を運び込むことができるような充分な広さのある家は少なくなってきています。...

  • 生活の話

    • 最近は不景気の影響か、派手に冠婚葬祭を行う家庭は少なくなりました。葬儀をする時も同様になります。...

  • 生活の秘訣

    • 葬儀の知らせが来る時はほとんどが急な場合です。家族であったり、自宅や病院にお見舞いに行っていた親しい知人などであれば少しは覚悟もできているかも知れませんが、仲の良かった友人などでも少しの間会っていなかっただけという場合もあります。...