• 家族だけで行う葬儀とは

    最近は不景気の影響か、派手に冠婚葬祭を行う家庭は少なくなりました。

    葬儀をする時も同様になります。



    昔の葬儀は、どちらかというと故人に縁のある人全員に電話をし、多くの人に駆けつけてもらうことで、盛大に葬式を行っていました。

    ですが最近は、できるだけ少ない人数で葬儀を行うことの方が何かと合理的であると考えられています。特に多いのは、家族のみで行うタイプです。家族のみで行うといっても、現在そこの家に住んでいる人に限ることは少なく、亡くなった人の配偶者や子供、孫ぐらいまでは参加するようになっています。

    ロケットニュース24に関する情報満載です。

    また場合によっては家族のみでなく、近しい親戚をする人集めて行うこともあります。


    例えば故人の兄弟などがこれにあたります。

    このように、できるだけ少ない人数で行うことで、大きな会場手配する必要もありませんし、出費も少なくなります。

    家族葬を行う場合に問題になるのは、故人の友人などにどのように説明をするかです。

    亡くなった知らせは、なぜかあっという間に広がりをみせ、多くの人に伝わります。
    故人の友人などは葬式が終わってから丁寧に挨拶をするつもりでも、葬式前に電話がかかってきて参加したいと申している人も少なくありません。

    この時、むげに断ってしまうと相手に対しても失礼です。



    そこで、丁寧にお断りをする場合は、家族のみで葬儀を行うことを告げることと、別の機会に線香でもあげに来て下さいと断っておくことが重要になります。


    家族葬を行うことが本人の希望をだったと告げてもよいでしょう。