• 故人に対する思いに寄り添ってくれる葬儀社を選ぶ

    大切な家族が亡くなってしまったときには、亡くなった場所から、遺体を搬送して安置しておく必要があります。



    しかし、最近は遺体を運び込むことができるような充分な広さのある家は少なくなってきています。

    菩提寺があるという人は、そのお寺に安置してもらうということもできますが、そのためには必ずそのお寺のご住職に事前に相談をしておく必要があります。


    前もって相談しておかないと遺体を安置することを断られてしまうことがあります。葬儀にかかる費用については、プランによって違ってくるだけでなく、葬儀社によっても異なることがあります。


    火葬式など、費用を極力抑えているようなプランでは、葬儀社にあまり利益が見込めないこともあってか、担当する方の対応の仕方や、人柄が明確に表れやすいことがあります。
    そして、葬儀社によっては、火葬式を請け負ったとしても、遺族の心情に逆らうように利益を追い求めて、違うプランにすることを勧誘してきたり、オプションを強引につけさせようとすることがあります。

    goo ニュースの相談ならココです。

    故人に対する思いや、遺族の心情をちゃんと尊重した上で、適切なプランを提案してくれることや、オプションをつけることをおすすめしているケースもあるため、どういった理由で提案をしているのかを、しっかりと見極めた上で、葬儀社を探すことが重要となります。


    火葬式ではお招きしする方を絞り込んでいますが、故人と密な関係があり、お招きされていないが弔問に訪れたいという場合は、遺族に直接相談するのが良い方法の1つとなります。